クリーニングして気持ちも晴れやかにスッキリ

あなたはクリーニングをよく使いますか?
それともおうちクリーニングでしょうか?
私も実際は、クリーニングを使うのは年に2回くらいです。
スーツなどを洗濯してもらう時と、冬物のアウターを出す時でしょうか?
Yシャツやスーツの仕事をしている時はもっと頻繁にクリーニングを必要としていた気がします。
けれども、仕事が変わったり経済的な問題もあったりで自分でできる事は自分でやるようにとは心がけてはいます。
今では、洗濯王子なんて人がテレビに出ていたりする時代です。
ネットで出来るだけ調べて自宅で悪戦苦闘する時もしばしばです。

 

けれども、どうしても自分でできない物もありますよね。
例えば、スーツは自分で洗うには失敗した時のダメージが大きすぎます。
アウターにしても同じです。
また、シャツ等や白いスーツなどもそうですね。
自分でやるには限界がどうしても出てきてしまった時には迷わずにプロのクリーニングに預けるのがいいですね。

 

先日私がクリーニングに出したのは白のスーツと主人のスーツでした。
白のスーツはやっぱり気が付かない時に襟や袖が汚れていたり、ボタンが良く見てみると金ボタンと銀ボタンがあったりしてカバーがかけられて返ってきました。ドライクリーニングで汗ジミなどが付きにくくなる洗い方もあるようですね。
主人のスーツは紺色で気が付かなかったのですが、髭を剃った時に血が一部ついていたらしく(自分では全然気が付かなかったのですが)指摘されました。
やっぱり洗濯のプロが見ると違うのですね。
そのスーツはしみ抜きもお願いしました。
シミ抜きすると若干値段も高くなりますが、自己流で色抜けしてしまったら主人に怒られるのはわかっていたので、そこは泣く泣くの出費です。
毎日着るスーツでは無かったので尚更ですね。
シミのまましまっておくわけにもいかないですもんね。

 

我が家は、自宅から近いクリーニング屋さんにお願いするようにしています。
やっぱりうっかり取りに行くのを忘れてしまった時にすぐに取りに行けるようにです。
また、駐車場も広く買い物帰りに寄れるようなお店の隣にあるクリーニング店です。
買い物のついでに取りに行くことができるし、クリーニングを我が家が出す時は大荷物になりかねないので、車で取りに行けるのがポイントです。
私の白のスーツもワントーン明るくなった気がしました。
ビジューも取れる事無く、綺麗になったので大満足のクリーニングでした。
次に洋服を着るのが嬉しくなる、そんな場所がクリーニングだと思うのです。